070-5818-9680
受付:9時~20時

地産外商の仕組みづくり

こんにちは。「ウイッシュ・ボ-ン」です。
『想い』を実現する為に、『一緒に』が私達のスタイルです。

1. いい物を作ったけど、売れない。
2. 売っても売っても儲からない。
3. 何を作ったらいいか悩んでいる。
4. 何所で売ればいいか迷っている。
こんな問題解決をお手伝いします。

カレンダー

« « 2021 10月 » »
26 27 28 29 30 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 1 2 3 4 5 6

Company

概要

会社名

株式会社ウイッシュ・ボーン

住所

〒812-0013
福岡県博多区博多駅東2-10-16
川辺ビル3階4号室

TEL

070-5818-9680

090-4519-9520

FAX

092-510-0143

Mail

ホームページからのお問い合わせはこちら

メールマガジンのご登録

受信希望時間
時00分 ~  時59分 まで

 ブログ 

商品作りのコミュニケーション

2013-8-21 2:37

こんにちは、ウイッシュ・ボーンの吉田 誠です。
今日は7月から顧問を引き受けた中国の企業の販路開拓のために、福岡県大川市に出向きました。
日本の企業の商品開発や、販路開拓の時にはない言葉の壁があります。その反面、確実にひとつひとつの事柄が
伝わっているかのコミュニケーション力を試されているようにも思えます。私の好きなドリカムの歌の中にある
歌詞の一節「ちゃんと、あなたに伝わっているかな?」の「ちゃんと」を伝える技術と表現方法、それに回数。
最後に、誠意を持って相手の気持ちを考えて言葉を選ぶ必要に迫られます。日本人同士だと曖昧になる事でも
ひとつずつ確認する大切さが勉強になります。

タニタ食堂

2013-8-12 12:07

こんにちは、ウイッシュ・ボーンの吉田誠です。
先日、上京した折に「タニタ食堂」に行きました。カロリー計算されたレシピで知識としては知っていましたが、
実際にそのレシピで作られた料理を食べてみると更に知恵のあることに
驚かされました。よく噛んでたべてるように少し大きめに切ってあります。
ちょっとしたことですが、工夫してあるポイントに感心しました。
矢張り、体験することは大切ですね。

地域の祭り

2013-7-16 9:45

こんにちわ、ウイッシュ・ボーンの吉田誠です。
博多の祭り「山笠」も、15日の朝の「追い山」で幕を閉じました。
地域の活性化の一つに祭りの活性が挙げられます。
祭りは地元の人間だけでやるものと思っていました。
ところが、少子化高齢化社会ではほとんどの地域で人口も減り、祭りが出来ない状態に陥ってます。
博多山笠も唐津くんちも昔は舁きては地元の人しかやってませんでしたが、
今は、祭り好きの他所の地域に住んでいる人も
積極的に受け容れて、今の活気のある祭りを運営しているようです。
地域活性に「よそ者」「若者」「ばか者」は欠かせない新しい仕組みのようです。
地域が元気になるには、やはり人の力は
一番大切な要素のようです。

商品開発のキーワード

2013-7-8 16:29

こんにちはウイッシュ-ボーンの吉田誠です
時代が健康指向になっている中で商品を作る上で大切な事は、定期的に世の中で売られている商品を見てまわる事です。
近くのスーパーでも近くの百貨店でもいいから、なぜ定期的に見てまわるのがいいのかと言うと必ず変化を見て取れ体感出来るからです。
ネット社会で簡単に情報が取れるようです、検索エンジンだけで情報を取るのは危険な方法だと思います。
ですからリアルに体感する情報こそが「キーワード」になり得ると思います。

時代を読んで連想してみよう〜

2013-6-24 19:08

今日はウイッシュ・ボーンの吉田誠です。少子化高齢化社会とマスコミが言ってますがそのことで10時後20年後に自分の住んでいる地域や日本がどうなっているか想像した事がありますか?身近な問題として、私の住んでいる団地は子供達が就職して他の土地に行き、あるいは車が一家に一台で済んでいたのに子供の数だけ駐車場が必要になったりしています。言葉から連想される環境の変化に「少子高齢化社会」を連想する頭の体操をしてみてはと提案してみました。